独居生活を始めてから初かもしれない。電気代:一月¥4,000オーバー。

タイトル。

「1月は他の月より多めに徴収される場合が多いです」と記述はありましたが、こいつは予想外。寒波に煽られてもあんましエアコンのガン掛けは良くないですね。お肌にも好くない。

※普段の電気代(大体 ¥1,500~¥2,000強。) の話を知人に話すと割合真顔で「...どんな生活してんの?」と訝しがられることが多い。いや、別段釜で風呂炊いたりしとらんですよ。この記事もPCに電源突っ込んで書いてるわけで、流し台の電気は基本つけっ放し。節電意識なんて無いんですけどね。

やっぱりテレビがでかいんかな。独居若輩の諸君、今からその液晶箱を窓から投げ捨てよう!サンダーファイヤー!

 

次。たまたまヤフーを見ていて。

headlines.yahoo.co.jp

 

虚構ニュースかと思った。

いや、「ばっちくないんですか?」※卵というものが鶏という鳥の尻から這い出たもので、紆余曲折経てスーパー等小売店の店頭に並び、普段それを私たちが口にしているということは存じ上げているのですが、何か専門的な処理もせずにダイレクトに食べてしまうのは衛生的に問題はないのですか?

という疑問だったのだろうなあ、ということは分かるんですよ。ただ、以前どこかで見聞きした以下の話を思い返したとき、一抹の不安が頭を過ぎってしまう訳で。

 

ー とある小学校(幼稚園だったか)の遠足。行き先は水族館。生徒の目の前にはデカイ水槽内を泳ぐ魚の群れが。

教師、こどもたちに元気に語りかける。

「ほらー、お魚さんいっぱいだね! 今日、晩御飯にお魚さんがいたら、【これ、今日水族館で見た!】とお母さんに教えてあげよう!!」

元気良く返事をするこどもたち。ふと見ると一部の児童がポカーンとした顔で呆気に取られている。

「どうしたの?」と先生。

その児童曰く、「家のごはんで出てくる魚は、あんな形をしてない。」と。

 

要するに、水槽の中に【刺身】だの、【照り焼き】だの、【開き】だのが泳いでいないから、目の前のあれは魚ではない、ということのようで。

 

戦慄しますね。もちろんその子の親御さんの問題なんですが。

 

無論、僕はここで命に感謝を!みたいな不感症的センチメンタリズムを呈したいのではないんです。が、世の中には、知識どうこう以前の「生きていく上で知っておかなければ取り返しがつかないこと」が無数にある訳で。

それは、「ジンバブエの大統領が誰か分からない」、「スマートフォンのアプリの使い方が分からない」みたいなこととは明らかに性質が違う。

 

「【バカ】とは知識の有無ではなく、【価値判断】が出来ない人間のことです。」、適菜収氏の名言ですね。

 

先の教師も、卵かけご飯でも食いながらよくこの言葉を思い返してほしいもんです。

 

んじゃ、また。