2分、遅れます。

タイムリーでも、周回遅れでもない、思考の振りまき。

リオオリンピックって8月にやんのね。

つい先ほどまだ洗濯機の中に突っ込んだままだった衣類を干そうとベランダに出たところ梅雨上がりの夜空に割りと形のいいお月様が浮かんでいまして「お、綺麗な月やなあ」と一瞬見とれている隙に手にしたシャツとパン・ティーを割と露骨かつ大量に落としてしまってもこんな清楚な自然の佇まいに魅せられた僕の心は微動だにしない訳があるかこれだけ高度に発達した情報社会においては自然の営みよりも実利的な損害を気にかけるほうがよっぽど明日への扉を開く偉大なる一歩へと繋がる鍵を握るうんやらかんやらで気晴らしにたまたま見たユーチューブで昨年のトリプルスリー山田哲人柳田悠岐の対談があって何やこれ「このスイングやばくない」「やばいっすね」しか言ってないやろが俺らは感覚で野球を極めた天才系ですってかこんなん貧困ボキャブラリーのグランドスラムんーどうでしょういわゆる一つの走者一掃てやつですねそろそろ風呂でも入って落ち着きますか。

 

 

最近、晩は涼しいですよね。


次。トルコ情勢。

jp.reuters.com

 

豆知識。今のエルドアン(大統領)政権は、イスラミックな改革派で、軍はその真逆。

つまり、政教分離の世俗派。まあNATO入ってるし。

シリア/イラクから難民が欧州に向かう時、陸路を使えばどうしてもトルコを通過する必要がある。EUはその蛇口をエルドアンが実質出しっ放しにしているのが気に食わない。

※難民はトルコから西側に向けた気の利いたプレゼントか?WW1後に英仏が引いた国境線(サイクス・ピコ協定)は、オスマン帝国領内の油田の大半を消失させた。トルコはその事実を決して忘れない。だから、ISに対してシリア/イラク領内における石油利権の回収業務を委託する。IS最大のキータウンはイラク北部のモスル。フセイン政権からの石油と金融ハブの街だそうです。

 

その他情勢は、下記「兵頭二十八防衛白書2015」という著書に詳細あり。

※なんでこいつ最近国際情勢だの何だの言うようになったの?という方。(いないと思いますがな。) ほぼほぼこの人の本の受け売りだからです。

 

Amazon CAPTCHA