2分、遅れます。

タイムリーでも、周回遅れでもない、思考の振りまき。

乾燥肌のダダ

※今日からタイトルは適当につけることにしました。事後通告。

映画を二本ほど観た。ネタバレも若干ありの感想でも書いておきます。

 

【ミスト】

映画 ミスト 予告編 - YouTube

 

「胸糞の悪い後味」 、「これ以上は無い落莫感」、「チン毛」などと以前から映画ファンの筋では散々な云われようで、話題を掻っ攫っている大作。

突如街に発生した正体不明の濃霧。

閉鎖空間に隔絶された人々の、歪に変容していく内省的な空間(秩序を保とうとする) と、正体不明のエイリアンが跋扈する白い霧に覆われた外界(ひたすらに弱肉強食、無秩序を欲する) とのコントラストが秀逸で、途中まではホラーというよりは、サスペンスを観ている感覚に近い。普段、自分が絶対視している価値観など、案外あやふやで、簡単に崩れてしまう豆腐のように脆い物だと戦慄する。

 

・・最後は本当に救いようのない、"苦"笑撃のラストなので是非ともご覧あれ。

 

次。

レバノン

映画『レバノン』予告編 - YouTube

 

「こちらは、"王冠"。ようこそ、レバノンへ。」

1982年、イスラエル軍レバノンへ侵攻。

10年余り続く内戦状態に陥ったレバノン戦争の緒戦、一台の戦車からのスコープ映像がその実情を生々しく切り取り続ける。物語全編が、慟哭と怒声が錯綜する、その車内からの視点で描かれており、観るものを否応無しに「戦場のリアル」へ引き摺り込む傑作。

 

当時の中東情勢に疎いと、置き去り感はあるものの、斬新かつ緊迫感のある演出で、まさに物語終盤の「爆走」の如く、物語に一気に引き込まれる。

 

自分の臆病さから同胞を、一般市民を死なせてしまった狙撃手。自分の手は汚したくない、恐怖から虚勢を張り続けるリーダー、正義感と現実逃避の狭間で揺れ続ける機関士(弾込め役)・・・

 

歴史、男臭さ満載のヒューマンドラマ、アクションの要素てんこもりのお奨め作。