載りそこなった駄文。

半年くらい前の。

まあほぼほぼ軍師(兵頭氏)の受け売りなので仕様がないけど。

 

-----

 

プーチンのロシアは第三次大戦をレイアウトする

 

2/2、北欧スウェーデンにて講演を行った、NATO(北大西洋条約機構)事務総長・イェンス ストルテンベルクが同国民に発したメッセージは、極めて明瞭だった。
曰く、「ロシアとの全面戦争に備えよ。核の脅威に我々とともに対抗せよ。」
その演説以前の、1/28にはスウェーデン国内の全家庭に「有時に備える為の安全行動マニュアル」と題されたパンフレットが今春にも配布されることが決定したばかりである。※スウェーデンは未だNATOには非加盟。
北極海の巨大な氷塊の下には、現在もロシア国旗が深々と突き刺さっている。冷戦以降最高水準に達したロシア海軍の潜水艦の活動警戒レベルは、もはやこれから起こり得る「最悪の未来事態」を確定づけていると言っていい。
つまり、人類史上発の中~小規模核戦争である。
 
2014年3月のクリミア事変以降、ロシア軍は質量ともに充実したアドバンテージをもってして、東欧における、西側に勝る戦略上の優位を収めてきた。現在もクリミア半島のみならず、ウクライナ東部のドネツク・ルハンスク両州で現地住民を策動させ、中央政府への反乱をしきりに促している。
KGB大佐であり、冷戦敗北の屈辱を胸に燃やし続けるプーチンの最終目標は、その領土の広大さととともに、ユーラシア大陸のエネルギー資源/人員全てを収斂した新たな、「ロシア帝国」の創出だ。その為には世界に対して大々的な「アメリカナイズの権威喪失」を演出しなければならない。
ロシア陸軍情報部(GRU)では、複数人体制で、今や地球全土に張り巡らされたSNSのネットワークに対して、陰に陽に情報工作を行う体制が敷かれている。今や一国の、それも現代の世界を統べる超大国アメリカの長でさえその魔の手にかかる程である。※トランプ大統領のロシア・ゲート事件。
 
今次、twitterのタイムラインを流れる「呟き」の凡そ1/3が、「bot」、所謂仕込みの発言であるという。その中で彼らは露骨なまでに「アメリカの陰謀が諸悪の根源である!」と、結論を一方通行に流したりはしない。むしろ同じ量の擁護的意見を無作為に垂れ流す。そうすると、所謂「bot」対生身の人間の中で、立ち所に論争が開始されるのである。
それがどのような結果をもたらすか? これは人々に極めて精神的、かつ最も重大な、情勢を左右する心理状態を醸成する。
 
「一アメリカが支配する世界では、人々は決して一枚岩にはなれない一一・・・」
 
かつての旧ソ連は、狂信的な唯物論を掲げ、人民の心に取り入るのに失敗した。その苦い記憶は今のロシア指導部要路に重くのしかかっていることだろう。その心情を加味するに、プーチンが、このグローバル世界においてロシアが情報戦の覇者になることを懇願するようになるのも至極当たり前の話であった。
 
目を欧州の国防情勢に転じてみる。
既にバルト三国(エストニアラトビアリトアニア)とポーランドは、ロシアに対して危機意識を共有している。いわばこの4ヵ国は一心同体だ。
リトアニアバルト海、そしてポーランドに接壌した、カリーニングラードと呼ばれるロシアの飛び領には既に射程500km超の、戦術核弾頭付きミサイルが配備された。これは本質的に、1980年代終盤の米ソ間におけるINF条約(中距離核戦力撤廃条約)違反である。プーチンはそれらは全て理解している。だからこそ、「そもそも米国主導のNATO加盟国によるABM(核ミサイル迎撃システム)配備がINF条約違反なのだ」という、無茶苦茶理論を捏ね回すのだ。
しかし、長年ヨーロッパで大国の矜恃を維持してきたロシアには、大国としての近代国際法を理解する言語理性は合わせ持っている。世界の不幸の元凶であるアメリカから権威を引き剥がす為には、汚れ役を買って出てやる、というそうしたロシア独自の「美学」は、先に挙げた情報工作の拡散力と相俟って、一定以上の知識層の人間の心を眩惑するであろう。
 
スウェーデン政府は、今年から、2010年以来となる徴兵制を復活させ、NATO軍の国内軍事演習にも全面的協力を惜しまない方針を打ち出している。隣国の、元来強気な中立国であるフィンランドでさえNATO加盟を真剣に考え始めた。
もし、欧州で合戦が起きるとするならば何がその引き金になるのか?
 
古代チャイナの戦術訓とも言うべき、兵法三十六計の中に、「声東西撃」との言葉がある。読んで字の如く、東で声を挙げて敵を引き付け、逆側の西に全力で攻め込む、という奇襲の有用性を説いた格言だ。
ロシアと北朝鮮もまた陸地を接した隣国同士である以上、プーチン北朝鮮の動向を完全に無視する事は出来ない。平壌の中枢に向けて「今は待て」の姿勢を示すとともに、アメリカを最大限まで極東に釘付けにする体制が整うまで着々と情報工作と軍備拡大に勤しむことだろう。
北朝鮮のハリボテ核ミサイルが実戦配備可能となったところで、ウラル山脈を越えてモスクワやペテルブルグで閃光が炸裂することなど考えられない。むしろ困るのは北朝鮮から射程1,000km未満の距離に位置する北京擁するチャイナ政府であり、そうした枠組みもまた、
「サハリンスクは清朝以来の中国領土だ」と北京からクレームを付けられているロシアに取り、有用な間接侵略防止策となる。
 
アメリカの政治学者、フランシス・フクヤマは著作「歴史の終わり」において、自由と民主主義イデオロギーが、最終的、不可逆的な勝利を収めた冷戦終結という事態により、恒久的な世界平和の時代が現出するであろうと説いた。
それから二十年以上たった今はどうか。
我々が直面しているのは途切れる気配すらない、大国同士のリアルなパワーゲームの真っ只中に放り込まれていると言っていい。
 
計略で頭を埋め尽くされた指導者は、世界を混沌に叩き込む準備を怠らず、腐敗しきった軍閥の天下にある国家では紛争が絶えず、情報統制の敷かれたメディアが撒き散らす文言が液晶を流れ、一歩間違えれば我々の生活そのものすら危うくする選択を、自らしてしまいそうな今、共有されるべきは「歴史の終わりは、終わった」という意識なのではないか。
 
グレートゲームのキックオフの時間が、刻一刻と迫ってきているようだ。
 
-----
 
文章の左揃えが出来ん。何で?

ストレンジャーメモランダム_1

小汚ない一室の玄関口を開け放つと、微かな臭気を帯びた煙が、蒸せかえるような夏夜の熱気に当てられてぼんやりと消えていった。
橙色に揺らめく昇降口の光が、不機嫌そうに通路の輪郭を浮かび上がらせ、それに劣らないぐらい仏頂面な、男の顔をも照らし出している。
既に時刻は夜四つを回っている。他の住人は、密林に佇むかのような茹だる熱帯夜に耐えかねて、自室に引きこもったままだ。
人の呼吸音の代わりに、途切れることのない室外機の鳴動音が否応なしに男の耳に飛び込んでくる。明らかに吸い込む力より吐き出す力の方が強い。
「そんなに知るのが怖いか」
誰に言うでもなく呟いたその言葉が、誰かの耳に届く道理は無かった。

タイヤの空気が半分程抜けた自転車に跨がって、暗がりの街を疾駆する。暗がりとは言っても、規則正しく電柱に括りつけられた灯りが、これまた規則正しく卵白の色に似た光を投げ続けているため少しも視界に不足はない。おまけに一本道だ。時折道路の脇腹が空いていて、軽自動車のビームライトが、男の進路をに対し垂直に光線を浴びせるため、その度に一時停止しなければならないが、男のヘッドフォンから流れる空元気なポップソングには、一時的に不愉快な気分をある程度麻痺させる効力があるらしい。
口笛でも吹いてやろうか、と思ったがすぐに止めた。
近くの駐車場では、首輪の付いてないネコたちが錆びついた軽トラックの周りに屯している。
男は信号待ちをしている。
丁度、電柱の灯りの列、一本道の終わりを知らせる横断歩道の手前だ。数匹と目が合う。
そいつらは、男の顔が見たかったのか、それとも自分の顔を見せたかったのか、あるいは数メートル先の、最後の切れかかった電灯が放つ光の威光に預かりたかったのか、今となっては判然としない。

皆、一様に片目が無かった。

男は何事もなかったかの様に自転車を漕ぎ出し、慣れた動作で路肩にそれを止めると、開いているのか閉まっているのかも知れない古びたバーの扉を押して、店内に入った。

独居生活を始めてから初かもしれない。電気代:一月¥4,000オーバー。

タイトル。

「1月は他の月より多めに徴収される場合が多いです」と記述はありましたが、こいつは予想外。寒波に煽られてもあんましエアコンのガン掛けは良くないですね。お肌にも好くない。

※普段の電気代(大体 ¥1,500~¥2,000強。) の話を知人に話すと割合真顔で「...どんな生活してんの?」と訝しがられることが多い。いや、別段釜で風呂炊いたりしとらんですよ。この記事もPCに電源突っ込んで書いてるわけで、流し台の電気は基本つけっ放し。節電意識なんて無いんですけどね。

やっぱりテレビがでかいんかな。独居若輩の諸君、今からその液晶箱を窓から投げ捨てよう!サンダーファイヤー!

 

次。たまたまヤフーを見ていて。

headlines.yahoo.co.jp

 

虚構ニュースかと思った。

いや、「ばっちくないんですか?」※卵というものが鶏という鳥の尻から這い出たもので、紆余曲折経てスーパー等小売店の店頭に並び、普段それを私たちが口にしているということは存じ上げているのですが、何か専門的な処理もせずにダイレクトに食べてしまうのは衛生的に問題はないのですか?

という疑問だったのだろうなあ、ということは分かるんですよ。ただ、以前どこかで見聞きした以下の話を思い返したとき、一抹の不安が頭を過ぎってしまう訳で。

 

ー とある小学校(幼稚園だったか)の遠足。行き先は水族館。生徒の目の前にはデカイ水槽内を泳ぐ魚の群れが。

教師、こどもたちに元気に語りかける。

「ほらー、お魚さんいっぱいだね! 今日、晩御飯にお魚さんがいたら、【これ、今日水族館で見た!】とお母さんに教えてあげよう!!」

元気良く返事をするこどもたち。ふと見ると一部の児童がポカーンとした顔で呆気に取られている。

「どうしたの?」と先生。

その児童曰く、「家のごはんで出てくる魚は、あんな形をしてない。」と。

 

要するに、水槽の中に【刺身】だの、【照り焼き】だの、【開き】だのが泳いでいないから、目の前のあれは魚ではない、ということのようで。

 

戦慄しますね。もちろんその子の親御さんの問題なんですが。

 

無論、僕はここで命に感謝を!みたいな不感症的センチメンタリズムを呈したいのではないんです。が、世の中には、知識どうこう以前の「生きていく上で知っておかなければ取り返しがつかないこと」が無数にある訳で。

それは、「ジンバブエの大統領が誰か分からない」、「スマートフォンのアプリの使い方が分からない」みたいなこととは明らかに性質が違う。

 

「【バカ】とは知識の有無ではなく、【価値判断】が出来ない人間のことです。」、適菜収氏の名言ですね。

 

先の教師も、卵かけご飯でも食いながらよくこの言葉を思い返してほしいもんです。

 

んじゃ、また。

 

 

 

来年はトレンディな一年になりますように

早いもんで、もう年納めですね。

 

前回の記事更新が69日前と出ていることに、自分でも「もう少しアウトプットに貪欲になれんのか」とほとほと困り果てているのですが、この時期になると持ち前の乾燥肌が猛威を発揮するわ、ふとしたことで腹をくだして如何ともし難いわで、年齢を重ねるごとに些細な体調不良にもドギマギしてしまう。困ったものです。

 

こうも交友関係というものにあまり労を裂かずに、表現に向き合っていると、なんだか変な気持ちになることもあります。

自分の中にある思索、その他滞積が、「表現」として外界へ向けて吐き出されるための原動力となるのではなく、ただひたすらに、回遊する潜水艦のごとく頭の奥を漂い、決して外には出て行きたがらず、いつしか自分でも気づかないうちに韜晦していく感覚、そしてその心地よさ。

人並み以上に所謂「承認欲求」のようなものは強い方なので、確実に楽曲、文章その他何かを作るときはそれを「誰かに披露する」前提で取り組んでいるはずなのですが、ことそれを曝け出すときに生じる気恥ずかしさと、「もう見せなくて良いじゃん、やってりゃ楽しいっていうそれだけだし」という内向的な願望が頭を擡げると中々厄介なものですね。

もっと、スーパーのアサリのごとく刺激を受けると「ピュッ」と何かを出せる自分になりたい。よし、来年のメンタリティはこれだ。ひとまず今作成している音源があるのでそれをどうこうしてやろうと考えています。

 

次。

今年の総括としてといっては何ですが、「これは公に曝すべきだろう」と個人的に唸った良書を何冊か陳列しておきます。

 

1,「ニュースではわからない戦争の論理」/兵頭二十八 PHP出版

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%AE%E8%AB%96%E7%90%86-%E5%85%B5%E9%A0%AD-%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB/dp/4569628494/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1514704195&sr=1-1&keywords=%E5%85%B5%E9%A0%AD%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AB%E3%80%80%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9

 

刊行は2003年4月。つまりアメリカによるイラク戦争開始の時期と重なる本書。

別段イラク戦争それ自体にフォーカスして作られたものではなく、「戦争」という有史以来人間が行ってきた行為には、人間自身のどのような性向が隠れているのか?それを読み解ける良書。

氏曰く、「政治とは、己の権力を増やそうとすることである。その政治の目的たる権力とは、"飢餓と不慮死の可能性からの遠さ"である。」

金言です。

 

2,「ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体」/適菜収 講談社+α新書

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%81%AE%E8%AD%A6%E5%91%8A-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%BB%85%E3%81%BC%E3%81%99%E3%80%8CB%E5%B1%A4%E3%80%8D%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE-%CE%B1%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E9%81%A9%E8%8F%9C/dp/4062727269/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1514700994&sr=1-1&keywords=%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%81%AE%E8%AD%A6%E5%91%8A

 

「世の中なっとらん!」という磯野波平的不平不満を、大なり小なり胸に抱いたことは誰しもあることですが、著者はその遠因が「近代的な諸価値を盲信する大衆」である、「B層」にあるとしています。何かと「コスパ」と言いまくる人、よく考えもせずに「改革・革新」を言い募る人、鮨屋に入ってつまみと酒しか取らない人...etc。

ゲーテ曰く、「活動的なバカより恐ろしいものはない」。...真っ当な価値判断が出来る人が増えますように。

 

3,やっぱり人はわかりあえない /中島義道 小浜逸郎 PHP研究所

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%82%8A%E3%80%81%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%81%82%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84-PHP%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E4%B8%AD%E5%B3%B6-%E7%BE%A9%E9%81%93-%E5%B0%8F%E6%B5%9C/dp/4569771068/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1514702353&sr=1-2&keywords=%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E7%BE%A9%E9%81%93+%E5%B0%8F%E6%B5%9C

 

「最高レベルのネガティブな哲学者」と、日本を代表する評論家の往復書簡を一冊の本にまとめたものです。「生きているかぎり他人と付き合わざるをえない、その不条理をどう”解決”するかに関心は絞られる」という中島氏の意見に、「”マイノリティのスタンス”に自分を意識的に固定し社会的発言力の保持者として開きなおるのは関心できない」とやり返す小浜氏。

この手の会話を延々と聞きながら隣で静かに呑んでいたいなあ、と考えるわけです。

 

...ちかれた。本当なら五冊ほどあげようかと思ったんですが、レビューってのは根気が入りますね。まあダラダラ述べて紙幅取りすぎても嫌なのでこの辺で。

 

今年僕にお会いした方々、世話になった方々、薄ぼんやり僕を思い出された方々、ありがとうございました。

 

来年はもっと楽しくなると良いですね。※なんかすごい異常気象で冬場でも気温は夏場、みたいな。

 

んじゃ、また。

 

 

覚書(おぼえがき):あるトピックに関する出来事や観察結果を記録することにより記憶を助ける行為、および記録した文書(備忘録)、またはその他の情報伝達手段。~wikipediaより。~

 タイトルにもある、覚書(メモランダム。単にメモ)とは書面形式の一種で、"confirmation”、確書なんかとも言われているそうです。

 

要はまあ、「こやつの頭の中では、こんなことが企まれとりますよ」という、端書きみたいなもので、作成ペースも今のところ何も定まっちゃおりません。

ましてや、この文章によって世の中の動きを制限したりとか、見ず知らずの迷えるラム肉...違った、羊さんたちを啓蒙しようじゃないか、という大それた考えもない。

 

ただ、無性に僕が普段考えていることをテキストに残してみたく、その作業をある程度日常化してみたくなった、というそれだけです。

 

「覚書は相手に知らせるためではなく、書き手を守るために書かれる」/ディーン・アチソン とあるように、「ことば」によって自分が目にしたもの、感じたことを再現する、それを曝すことで色々おもしろくなるんじゃねぇか、と。

※名言ぽいものと人名は、これもwikiからの引用です。

 

とまあ、なんだか、えらく唐突な選手宣誓が立ち上がった訳ですが、何卒どうぞよろしくお願いします。まあ、...

 

 

お、風はあるけど雨雫は弱まっとるね。この隙に軽食でも買いに行きます。

※台風に関して僕から思うことだの観察結果もへったくれもありません。

web/SNSその他情報を集め、個々人でお気をつけください、としか。

 

んじゃ、また。

 

weather.yahoo.co.jp