覚書(おぼえがき):あるトピックに関する出来事や観察結果を記録することにより記憶を助ける行為、および記録した文書(備忘録)、またはその他の情報伝達手段。~wikipediaより。~

 タイトルにもある、覚書(メモランダム。単にメモ)とは書面形式の一種で、"confirmation”、確書なんかとも言われているそうです。

 

要はまあ、「こやつの頭の中では、こんなことが企まれとりますよ」という、端書きみたいなもので、作成ペースも今のところ何も定まっちゃおりません。

ましてや、この文章によって世の中の動きを制限したりとか、見ず知らずの迷えるラム肉...違った、羊さんたちを啓蒙しようじゃないか、という大それた考えもない。

 

ただ、無性に僕が普段考えていることをテキストに残してみたく、その作業をある程度日常化してみたくなった、というそれだけです。

 

「覚書は相手に知らせるためではなく、書き手を守るために書かれる」/ディーン・アチソン とあるように、「ことば」によって自分が目にしたもの、感じたことを再現する、それを曝すことで色々おもしろくなるんじゃねぇか、と。

※名言ぽいものと人名は、これもwikiからの引用です。

 

とまあ、なんだか、えらく唐突な選手宣誓が立ち上がった訳ですが、何卒どうぞよろしくお願いします。まあ、...

 

 

お、風はあるけど雨雫は弱まっとるね。この隙に軽食でも買いに行きます。

※台風に関して僕から思うことだの観察結果もへったくれもありません。

web/SNSその他情報を集め、個々人でお気をつけください、としか。

 

んじゃ、また。

 

weather.yahoo.co.jp